2010年03月26日

「東北電力」名乗る不審電話 月平均120件(河北新報)

 東北電力や、電気設備の保安業務を手掛ける東北電気保安協会を名乗り、調査や検査と称して企業や住宅を訪問しようとする不審電話が、宮城県などで相次いでいる。同県内で確認された電話は昨年11月から月平均約120件に達し、3月はさらに増えている。金銭的な被害などは判明していないが、東北電力が注意を呼び掛けている。

 同社によると、電話は「電気料金を安くできるので設備を確認させてほしい」、「設備の調査や漏電、電圧の検査が必要だ」などと語り、訪問しようとする。同社は「電話で同様の勧誘行為はしていない」という。

 不審電話は宮城県内で以前からあったが、昨年11月ごろから急増し、3月は18日時点で137件に上る。同様の不審電話は東北各県で増え、3月は計501件と2月(476件)を既に超えた。
 連絡先は東北電力コールセンター フリーダイヤル(0120)175466。


「日米同盟揺るぎなく継続」首相が防衛大卒業式で(読売新聞)
老人施設「たまゆら」火災で運営団体のNPO認証を取り消し(産経新聞)
記念電車ヘッドマークデザイン募集 島根・古代出雲歴史博物館(産経新聞)
福島氏、同意人事案に署名「反対ではあるが、署名はやむなし」(産経新聞)
<香美市長選>門脇槙夫氏が無投票で再選(毎日新聞)
posted by ヨシナガ テルオ at 19:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

喜美氏、打診は否定も北野大氏にラブコール「出てほしい」(スポーツ報知)

 みんなの党が今夏の参院選に明大教授・北野大(まさる)さん(67)の擁立を目指しているとのスポーツ報知の報道を受け、同党・渡辺喜美代表(58)は19日、国会内での会見の後に「北野大さんが候補者になったらいいなあという願望を党内で語ったことがある」と党内調整していることを明言した。さらに「ご縁があれば話をしてみたい」と直接対話へのラブコールを送った。

 渡辺代表の目は、メガネの奥で笑っていた。定例会見の途中で「北野大さんに参院選出馬を打診したとの報道があるが」と問われると「打診したという事実はございません。誰一人、打診に赴いた者はおりません」。が、すぐに「ああいう方に出てほしいなという願望を話を(党内で)したことはあります」と不敵な笑みを浮かべ、北野さん擁立に向けて党内で調整していることを明言した。正式発表前に、党のトップが特定の候補者に関して言及するのは極めて異例ともいえる。

 会見が終わった後、ヨッシーは報道陣に対し「北野大さんが候補者になったらいいなあという願望は党内で語ったことがある」と同じような表現ながら、明確に北野さんの個人名を挙げた。本人との直接面会や、事務所関係者など周辺との接触は否定したが「今のところは願望にとどまっていますが、ご縁があれば、お話はしてみたいと思います」と、北野さんの意向によっては本格的に動き出す考えを強調。さらに本紙に対しては「せっかく報知が書いてくれたんだから。これでご縁が出来るのかな」とリップサービスまで飛び出すノリノリぶりだった。

 代表いわく「期待外れ」の民主党と「学級崩壊」の自民党を横目に参院選での躍進を目指すみんなの党にとって、北野さんは、3拍子そろった目玉候補となる。環境化学を専門にした博識と、テレビなどでの知名度、そして実弟が映画監督の北野武という好イメージ。渡辺代表は「たけしさんは、みんなの党を応援してくれている」とも語るだけに“たけし効果”も期待できる。

 最後に渡辺代表は、参院選に向けた抱負として、北野さん擁立の可能性もある東京と千葉、埼玉、大阪の4選挙区について「引き続き調整して、準備が整ったところから発表してきます」と語った。

 一方、北野さんの所属事務所は本紙の取材に「何も申し上げることはありません。何も(みんなの党サイドから)話がないので」とコメントしている。

 【関連記事】
みんなの党が北野大氏に参院選の出馬打診
みんなの党 北野大 渡辺喜美 を調べる

市営地下鉄「衝突の恐れ」=駅手前で緊急停車−ポイント乗り越えも・大阪(時事通信)
浜松町駅で女性飛び込み 山手線全線で一時運転見合わせ(産経新聞)
日本船侵入を他のSSメンバーが手助け 共犯の疑いで捜査(産経新聞)
かっぱ寿司で食中毒15人=長野・諏訪(時事通信)
<人事>警察庁(毎日新聞)
posted by ヨシナガ テルオ at 17:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

「審査ずさん」と銀行批判=コシ社社長に実刑−三井住友融資詐欺・東京地裁(時事通信)

 三井住友銀行から融資名目で5億5000万円をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた不動産会社「コシ・トラスト」社長中林明久被告(41)に対し、東京地裁は16日、懲役4年(求刑懲役7年)を言い渡した。
 朝山芳史裁判長は「被害額は多額で、優良な融資先を装っており巧妙」と指摘。一方で、融資した銀行側についても、「財務書類の不自然さを看過し、粉飾を見抜けなかった融資審査のずさんさが被害拡大の一因」と批判した。
 同社元社員斎藤貴嗣被告(46)は、懲役2年6月、執行猶予4年とした。事件では、同罪で元同行行員堀真文被告(44)も起訴されている。 

<たまゆら>「申し訳ない」理事長、保釈後初めて語る(毎日新聞)
<シー・シェパード>抗議船長の拘置決定…東京地裁(毎日新聞)
<中村耕一容疑者>尿から覚せい剤成分 使用でも立件へ(毎日新聞)
全日空、日航で欠航相次ぐ 強風や降雪で羽田発着便など70便(産経新聞)
偽ルイ・ヴィトン販売=自宅で161点所持−容疑で会社員男逮捕・警視庁(時事通信)
posted by ヨシナガ テルオ at 12:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。